スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
原発に思う
震災が起きてから2カ月以上経ちました。
今朝の新聞を見ると
行方不明者がまだ5000人以上。
この中のほとんどは 死者の中に
やがて吸収されるのでしょうけれど
たとえそうでも、早く見つかってほしい。

余震はまだ続いています。
忘れたころにまたぐらっと
これからも 油断ならない日が続くのでしょう。
昨年、足立さんがおっしゃったとおり
本当に2011年は 待ったなしの日々ですね。

もう3月11日以前には戻れない。
震災がないまま過ぎていたら
今の自分は何を考えていただろうか?
と2日に1度は思う日々です。

原発、全然収束していないのに
主要なメディアに報道される機会が減るにつれ
人々の意識からは薄れていっているように思います。
福島始め、被災地の復興
それを願う動きは 叫ぶ声は
まだまだ消えていないけれど
地震と並行して
あるいは もっと危険度が増しているのは
多分 原発。

浜岡原発がたとえ数年でも停止したのは
最大不幸中の 幸いでしょうか?
あたり前 と書きたいけれど
世のお偉いさんの発言を見ていれば
あたり前のことを起こすことがいかに大変か。

日本は原爆で 核の恐ろしさを知り
たくさんの犠牲をしいて
戦争も原爆も乗り越えてきたはずなのに
なぜ
その核の恐ろしさを世界の中でも
体感している日本が
50基以上もの原発をかかえているのか?
エネルギー問題と、核武装による
他国への脅威の一石二鳥?

これを理論づけるために
たくさんのお偉い学者が借り出されて
たくさんのお金が国の間を行き来して
たくさんの政治家が加担したのでしょう。
そして、一部の国民には
先に甘い蜜を吸わせて 目くらましをした
のでしょう。

国民は政治家の玩具でも
実験台でもない。
たぶん。。とか
おそらく、、
まず間違いなく。。
で 人の命を 一部の人の利権を
天秤にかけないでほしかった。

逝ってしまったひとは 帰ってこない。
原発を進めた人たちは
自分以外のすべての家族が 地震や
放射能でやられても
まだ原発の可能性を追求するのだろうか?
原発の安全性をうたうのだろうか?

浜岡原発
T社の元設計士は
安全性が確保されていない設計が
無理やり通されて 施工が着手され
完成されてしまったことを
勇気ある告発をしました。
一部には報道され、すぐに消されました。

中国では、原発基にかかわるトラブルは
過去に何度も起きているけれど
それを政府がもみ消していること
この時期に 世界にリークされています。
日本の、他の原発が安全である保証は
まったくなく
現在もちょこちょこ報告されいて
それを ものすごく問題なさげに
報道しています。
その体質にそもそも問題があるはずなのに。

福島のこどもたち
本当に安全でしょうか?
あれほど、安全だと言っていた原発の状況
まったく違っていること
小出しにすこしずつ 最近やっと事実を
出してきています。
世間の関心が少し外れてきたこの時期を
待っていたかのように

外国からの情報は もっと正確で早かった。
それを全否定して国民には
まやかしの安心感だけど
1か月以上も与えていて
それが 本当に国民のためになるのだろうか?

国民の安全よりも
補償問題とか、責任問題とか
そちらの方とまた天秤にかけて
結論を選ぶ
あるいは 安全基準を下げて
無理やり安全にしていないか?

放射能汚染で
水の安全性が問われた時
乳飲み子の抱えたお母さんは
血の気が引いたことでしょう。
計画停電で
必要な電源が奪われ
医療器具が使えなくなり
命を落としてしまったひとたち
無念であったに違いありません。

福島のこどもたちの健康の管理を
これから先、生涯にわたってしていってくれるんだろうか?

政府のひとたちは、自分の子供や孫たちが
現地にいたら やはり大丈夫 安全だといって
通わせるだろうか?

核武装するお金で
新しいエネルギーの可能性は
みつけられなかっただろうか?
世界の人たちは
脅威を見せつけ合うよりも
共通の平和のエネルギーや目的を
見いだせるはずなのに
今まで何をしてきたのだろうか?

北朝鮮の核問題を 非難する資格は
日本にあるのだろうか?
国民を脅威のまとにするという点で
何も変わりはしない。

国民の利益と安全の基準は
どこにあるのか
誰が決めるのか

せめて
利益にまどわされてはいけないはずの
人たちは
正しい指針を打ち出してほしい。
あるいは、
代替案をこれから必死で打ち出す
一部の国民の声を
聞き届けてほしい。

そうしないと
同じことは
これから 幾度もおきてしまうように思う。
事実を知っても ほとんど何もできない 一市民だから
余計に はがゆく
より信頼性のおける国に
変わっていってほしいと願います。
スポンサーサイト
【2011/05/22 21:21】 | 日常 | コメント(0)
2010年 足立育朗講演会(10月17日:日比谷公会堂)(7)
  今回のノートをまとめるにあたり、前回の講演会のノートに再度目を通し、
  「波動の法則」の本も ひととおり再読しました。

  難しい部分は相変わらずですが、今回、情報として、こんなこと書いてあったっけ?
  と思うことも数か所。
  以前も、目では追っていたし、すごいなぁ と(たぶん)思っていたはずですが
  なぜ、10年間も気がついていなかったのか?
  というか、ぜんぜん意識が それを 「何かしらないけどすごい未知の情報」という
  棚にあげてしまっていたように思います。

  足立さんは、講演会以外ではもちろん、研究所で研鑽を積まれており
  それに属するグループ(FALF装置などを通じで 実証データを得るなど)
  があるので、私たち、一般読者とは 少し あるいは かなり 距離があるわけですが(汗)
  お話の内容は どこまでも「波動の法則」が基本です。

  何冊も本を出すということもなく「真・地球の歴史」と 「波動の法則」の他
  足立幸子さんの「あるがままにいきる」以外、著書はありません。

  ファンがあれば、何冊書いても 必ず売れますが
  それは今までの長い間 ありませんでした。

  結局、すべての基本が「波動の法則」に集約されているようです。

  しかし、その本の理解度はひとそれぞれ 

  足立さんの言う、「出会い」も著書の中であるのでしょう。
  ということは、少しは、私のエクサピーコさん、成長できたのかしら?

  繰り返されていたのは、2010年を境に、地球自身も変化していくので、
  それに人間がついていけるのか?という お話でした。

  だけれども、この話は、年号までは書かれていないけれど、すでに「波動の法則」の中では
  地球のFANTと人間の関係について書かれていました。
  結局、人間のEXA PIECO が十分に成長できず、振動波が低いままだと
  地球と一緒にFANTしたときに、人間はエネルギー状態にとどまってしまい
  新しい地球では 自身が再現されないということです。
  これは一大事です。


  たぶん、そんな話は、昔聞いても あまりやっぱりピントきていなかったのでしょう。
  「スタートレック」という映画・シリーズが大好きでしたが
  「転送!」といって、どこでもテレポーテーションしてしまいます。
  それは、やはり一度粒子化して、それが転送先で再現されるようです。
  
  私は その「転送」にものすごく興味があったわけですが
  結局、かなり強引に結論づけると、転送! といって 「分解」されたあと
  「再構成」されずFANTは失敗に終わり
  でも、フゲイキンとして エネルギーはなくならないので
  宇宙に漂うということです。足立さんは、その現象でさえ、
  怖いことでも、かなしいことでもない! と書かれていますが
  普通の人間にとっては、やはり、エネルギー体のまま
  宇宙をさまようのは まだちょっと さみしいですね(苦笑)

  巷、スピリチュアルな世界では アセンションが話題になっていますが
  結局、地球のFANTとは そのアセンションですね。

  2010年は節目、FANTする、物質はすべて一対で生まれる など

  キーワードは、私の中で色々そろってきました。

...続きを読む
【2010/12/23 21:31】 | 非日常との交差点 | コメント(4)
2010年 足立育朗講演会(10月17日:日比谷公会堂)(6)
  ○FANTとは何か? *FANTによる分解と再構成が存在を作りだす。

     ・FIKがメッセージを送る

     ・すべての存在は、自転・公転をしている <<<すべては調和するために行われる     
          
       自転・公転をすると その存在に軌跡ができる。 
      
       軌跡が少しずつずれると振動波を広げる。
                       (ミクロからマクロまで調和を生み出す存在になっていく)

       自転・公転しながら調和をとるチャンス・タイミングをはかり、調和の方向へ

  ○物質=回転するとエネルギー化

   物体=回転してもエネルギー化しない

               フゲイキン(FUGEHEKIN)
                ↓            ↓
               組み立て(物質化)    分解(エネルギー化・振動波化)  
               
                |     
             ☆ 新しく生まれるとき(再構成されるとき)には、必ず一対で生まれる。  

EX.)   木
                       |
                      | ̄ ̄|
                     炭  木酢液  
                   (還元) (酸化)

        ★現在、2000年までに確認されているフゲイキン、約578万種が
         10年間で減り続けている。 原因:正常に働けない種類が増えた。

   ☆今回の講演会の意味:2010年が1つの節目であり、そのために、基本に立ち返り
    人間のEXA PIECOの成長を自身でも見直す必要あり。

 今後の数年は、今までの習いの継続では済まない。そのことをEXA PIECOも承知している。
    (*人間の顕在意識は自覚していない)

    今年2010年が ほぼその分かれ目。


    ☆☆自己の成長のためにどうしたらよいか?
               日常の中でインスピレーションを使う 
               EX.)中身をみなくても 良いと直感した本を買ってみるなど
                         ・・・失敗しても 繰り返し実践する。
                            直感力を磨くことは日常できること。
   
【2010/12/16 06:56】 | 非日常との交差点 | コメント(0)
2010年 足立育朗講演会(10月17日:日比谷公会堂)(5)
 ○家族の形態 = EVAの文化   肉体をもって お互い共同して文化を気づく社会
          (現地球の文化)

             ★差別意識、エゴに基づくプログラムのもとでは 自ら物は生まれてくれない
              
              人間同士を奴隷化する時代は終了したが、物の奴隷化は終わっていない
              PETの文化は生き物のうち、一部の存在だけを認めるものであり、
              これもエゴの文化

             ★エゴの文化の将来は 難病、奇病を生み出す(鳥インフルエンザ、
                                         狂牛病など)

 ☆FAMILY:人間の共通のテーマとプログラム
    ↓
    ↓ 結婚:本人のエクサピーコ同士が親しい間柄であることはあまりない。
         あっても数回に限られる(例外を除く)
    ↓
    ↓             WHY? 夫婦:学びの組み合わせが結婚の意味 
    ↓                    
    ↓             こども:こどもは、親のエクサピーコの成長を助ける存在。  
    ↓
    ↓ 家族の場=一番基本の無償の愛の体験   
    ↓
    ↓       BUT:家族だけではうまくいかない場合
    ↓           家族の存在だけでは生きていけないとき→ 
                                出会い 親友・同僚などの
    ↓                           別の人間関係も用意されている     
    ↓
  < 社会 > 無償の愛を基本として育ち、社会に出て還元する
                      :お互いがFALFとして蘇生化しあう存在     



 ☆宇宙に存在する意識体 EXA PIECO は一部がFALF化して、
             プログラムされ、人間になる(生まれ変わる)
             仕組みを学んでから生まれ変わるのが 本来のFANT(転生として)



 ★大脳が働いていない 大脳を使えるようにするためにも、正しく直感を使っていくこと
                                       使わないと・・・ 

  存在するものはすべて、受信、発振をし続ける。(*人間はそのことに気が付いていない)


☆大脳が活性化していくと、人間の体のほかの部分とも自然と交流できる
         
          気づき→ 出会い→発展  
                     ⇔ 考えたり 理解してもできない

                       ○思考や理解・分析の結果として得られることは
                        本質的ではないが、人間が生きていくうえで、
                        ある段階として利用できる手段   

 

       但し:2つの存在が出会う条件にあっても、時空元がずれると出会えない 
                              
                                 =同調できない

                  出会えないということは、お互いにない状態と同じ
                                 (別の時空元に存在)
                                 (*人間にはそのように受け取られる)
                      出会えた時、新しい発見や、働きがみられる。
                             (ノーベル賞の発見なども)


   ○振動波で交流しないと、EXA PIECOどうしも交流できない
            
             △文字など2次元的なものでも振動はあるけれど、限定的
             ×修行は必要なし
             ◎日常レベルからの学びでなければ 応用ができない
【2010/12/06 21:35】 | 非日常との交差点 | コメント(0)
2010年 足立育朗講演会(10月17日:日比谷公会堂)(4)
 ☆SINQA (β星の言葉):進化の語源
       エクサピーコを通じて高次元からプログラムされたことが
       インスピレーションを通じて伝わり、
       DIKAG(顕在意識)とFIK(顕在意識では行えないすべての活動を司る)
       と同調して実行できたとき、それがEXA PIECOが体験して学ぶために
       自然と調和のとれているスタディであるなら、内容がどんなにつらいことであっても、
       本当にそうだと感じることができる。
       スタディがやり遂げられたとき → エクサピーコが成長できる。


       すべての人のレベルは色々なので、どのレベルが優位という比較の問題ではない。
       自らのレベルにおいて 学べることがある。
       それについて 今できる最善を尽くす。全力で実行し続ける。


       人間がゆがんだ振動波を出す
       実験・加工など人工的な操作を施す
                   ⇒  動植物のエクサピーコに干渉してゆがませている
                   ★結果的にエクサピーコを退化させてしまう。


   ○最初に顕在意識のみが存在しているのではない
    すべての存在は、FALFとしてのプログラムされたEXA PIECOがあるのみ
    
    赤ん坊は、生まれるまで、プログラムされた存在
    (時空の仕組みを100%受け入れた存在)
 
    赤ん坊のEXA PIECOは両親のEXA PIECOの了解がないと生まれないので
    その点において、自分が死ぬまで両親のEXA PIECOは感謝すべき存在である。


    ★鉱物や建築物が自然に生まれないのは本来 不自然
     人間が目的に合わせて加工・処理してしまうため、FALFとして存在し続けることが
     難しく、地球では、その中ではEXA PIECOが存在できない。

            例外:貝 :一種の建築物
                  海の中だけで存在できる
                   (人間の手が届かず、自然の仕組みを体現できるから)                                   

    
 
   ○理解するだけでは、自然の仕組みであるEXA PIECOは進化できない
                  ディカグ(DIKAG)との同調が必要となる。
                  (**顕在意識を伴って、
                     3次元での実行が不可欠ということだろうか?)


     ::人間社会の中で、技術的進歩があっても、
       EXA PIECOのレベルでの同調がなければ本質的には退化に等しい。


   ○人間の内臓はすべて100パーセント働いていないと本来の働きはできないはず。

       ★大脳の役割が、まだほとんどわかっていない
         
        :脳の仕組みはもう、何千年も前から正常に働いていない
                            ⇔ 他の臓器ではありえない現象
                 ↑
               ★他星から見ると、脳が100%働いていないことが疑問      


 ☆真の創造は、時空の仕組みそのもの(フゲイキン) 人間はアレンジしているのみ

       FALFであること(振動波の不調和なものを調和ある存在にする変換装置)
       が真の創造

       FALFを生み出すこと デソインする(デザイン)という。
                 人間が通常使うデザインというのはこれにあてはまらないことが多い
                 人間に都合のよいものである限りではないため。


 ○ EXA PIECO(エクサピーコ)・FIK(フィック)・DIKAG(ディカグ)の中で、
   DIKAGは顕在意識の部分(BODY)であり、自分で自由に決断してよい。
   調和のとれた選択をして決心し、素直に謙虚に、自分の問題として原点からずれずに実行
                    ↓
                 振動波も変化する
                    ↓
                 フゲイキンはそれを受け止める  
 
   
    ★選択時にエゴについて検証されずに生まれてきたもの = エゴの文化

       エゴの文化は、問題の対象をすべて、自分以外のこととしてしまう
                    |
                身代わりで実験を行う

       エゴの社会の目標:早く・大きく・たくさん ≠ 宇宙から送られたもともとのプログラム


    ○どんな振動波がうまれても、それはすべて記録されている。 
【2010/12/03 18:40】 | 非日常との交差点 | コメント(0)
next→
もうひとつの日常



プロフィール

Celest

  • Author:Celest
  • 主婦になって母になってもなお
    独自の空間をさまよい続け
    宇宙の一住人としての
    使命も忘れていないものの
    最近おろそかになっていることを
    自覚する 地球の一住人

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

訪問履歴

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。